コミュニケーション

職場の人間関係を良好に保つコツ

日本では高齢者の増加と共に介護職の人材が求められていますが、依然として人が集まらない厳しい状況が続いています。 人が集まらない理由はいくつかありますが、中でも大きな原因の一つとして挙げられるのが、現場の人間関係の悪化による離職率の高さです。仕事に不満はないけれど、職場に馴染めずに辞めてしまう人は少なくありません。 こうした人間関係のトラブルは、上手い対応方法を知ることで改善することができます。まず基本となるのが受け流しです。 現場でよくあるのが愚痴や悪口といったネガティブな話。こういったネガティブな話を真に受けると、エネルギーを吸い取られて気分が悪くなってしまいます。そうならないためにも、話の重要性を判断して、必要ない話は聞き流すようにしましょう。 また、愚痴や悪口などにはなるべく乗らないことも重要なポイントです。一緒に加担してしまうと、余計なトラブルに巻き込まれてしまいます。 また、介護職はチームワークが重要な仕事なので、相手のことを理解することも大事です。 相手との心の壁を無くす方法としては、飲み会などの親睦会に積極的に参加するのが手っ取り早いです。プライベートなコミュニケーションを取ることで、自然と良好な人間関係を築きやすくなります。良好な関係を構築できれば、仕事の能率アップにも繋がるでしょう。 その他、心に余裕を作っておくという意味では、自分自身がしっかりストレス発散することも重要です。これは介護職に限った話ではありませんが、どんな職業でも仕事を通してストレスが溜まるのは避けられません。 ストレスが溜まった状態でいると、無意識のうちに人に対して嫌な態度を取ってしてしまったり、不機嫌な態度で職場の雰囲気を悪くしてしまうこともあります。感情的にならない自分をキープするために、休みの日には自分の好きなことをしてリセットをすることが大切です。